MENU

カリキュラム・授業

養成する人材像

急速に進む電気電子工学と情報通信工学の融合に対応でき,電気電子工学分野で活躍できる専門技術者を養成します.

エネルギーシステムプログラムでは,IoT技術を駆使したスマートグリッドにおける発電機器等の電気エネルギーインフラの設計,モーター,パワーエレクトロニクス等の高効率な電気エネルギーの活用を可能にする専門技術者を養成します.

エレクトロニクスシステムプログラムでは,電子デバイス分野と情報通信分野の融合に基づいたIoT機器等先端的な電子機器の開発を可能にする専門技術者を養成します.

学びの特色

現代社会は,家電製品から電力プラントまでの全ての機器がネットワークでつながるIoT社会となっています.電気電子システム工学科では,電気エネルギー,電気・電子機器,通信等に関する技術を学び,さらにハードウェアとソフトウェアの技術を組み合わせて扱う能力を身につけます.

1,2年次

4年間の学修の基盤となる力を養成するとともに,電気電子システムの各分野の学修に共通的に必要となる専門基礎知識や技術を身につけます.

3年次

専門基礎知識を深化させるための2つの教育プログラムを配置しています.

  • エネルギーシステムプログラム 社会のニーズに適応できる発電・送電や,省エネルギーな電気機器について学びます.
  • エレクトロニクスシステムプログラム 高機能な電子部品や情報通信ネットワークなど,IoT時代の先端技術について学びます.

4年次

最先端の研究に取り組むことによって,プレゼンテーション能力や多様な問題を解決する能力を身につけます.

カリキュラム

電気電子システム工学科(学部)・電気電子システム工学専攻(大学院)の教育カリキュラムは,学部(1年次〜4年次)と大学院(5年次〜6年次)を合わせた「6年一貫カリキュラム」となっています.

電気電子カリキュラム

カリキュラム詳細

JABEE認定プログラム

茨城大学工学部は質の高い技術者を育成するため,継続的な教育システムの改善に取り組んでおり,その一環として日本技術者教育認定機構(JABEE: Japan Accreditation Board for Engineering Education)の専門認定を積極的に利用しています.JABEE認定された学科(教育プログラム)を卒業すると,社会的要求水準を満たしているエンジニアと認知され,技術士(国家試験)の第一次試験が免除されるなどの特典があります.

電気電子システム工学科の前身となる電気電子工学科とメディア通信工学科はJABEE認定を受けています.

取得可能な資格

●高等学校教諭一種免許状(工業)※
◎技術士
◎電気主任技術者(第一種〜第三種)
◎電気通信主任技術者
◎安全管理者
◎ボイラー技士

※取得可能な資格欄中の◎印は,卒業後一定の実務経験を経て受験資格を得られる資格,受験の際に優遇(一部試験免除など)される資格を表しています.

※ただし,文部科学省における審査の結果,予定している教職課程の解説時期が変更となる可能性があります.

大学院

電気電子システム工学専攻(大学院)では,電気電子システム工学科(学部)で修得した幅広い電気電子分野の基礎知識をもとに,高度な専門知識を修得することができます.

IoTなど第4次産業革命に伴い急速に進む電気電子工学と情報通信工学の融合に対応でき,電気電子システム分野を主導できる高度専門技術者を養成するために,4つの教育プログラムを配置しています.

スマートエネルギープログラム

新エネルギー開発やIoTを有効に活かした既存エネルギーシステムの省エネルギー化を促進して,高度なエネルギーインフラの開発を主導できる高度専門技術者を養成します.電気エネルギー発生や送電に関する専門知識とその関連専門知識を修得します.

インテリジェント制御プログラム

電気エネルギーシステムを含むシステムの知能化・モデル化に基づく高度な制御を主導できる高度専門技術者を養成します.制御対象となる電気機器やエネルギーシステム及び高度な制御を可能にするための専門知識を修得します.

先端エレクトロニクスプログラム

高度なIoT機器のハードウェアのキーとなる大集積化・高機能化に基づく高度電子技術の開発を主導できる高度専門技術者を養成します.ナノテクノロジー等の先端的な電子技術とその周辺の電子技術に関する専門知識を修得します.

情報メディアプログラム

高度なIoT機器のソフトウェアのキーとなる大容量化・スマート化に基づく高度通信技術の開発を主導できる高度専門技術者を養成します.通信に関するハードウェア技術とソフトウェア技術及びネットワークに関する専門知識を修得します.